読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動車保険の比較・見積もり前にみるサイト

自動車保険の基礎知識についてわかりやすく学ぶことができます。

自賠責保険の補償範囲

このブログのタイトルにも「自動車保険」という言葉が入っていますが、自動車保険自賠責保険は何が違うのでしょうか。この記事では自動車保険自賠責保険の違いについて解説しています。

 

まず自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づいてすべての自動車に加入が義務づけられている強制保険のことをいいます。法律で絶対に入らなければいけないと決まっています。

 

なぜそのような法律なのかというと、自動車事故を起こした場合、もし加害者に損害賠償金を支払うだけの財力がなかったら被害者は泣き寝入りになってしまいます。そのようなことがないように、交通事故による被害者を救済するために作られたのが自賠法です。

 

だからといって自賠責保険にだけ加入していればそれで済むというわけではありません。

 

f:id:kimochinabe:20170320234309p:plain

 

こちらの図表をみて、みなさんはどう思いますか? 相手が亡くなったときの保険金(補償してもらえるお金)が3,000万円というのは多いでしょうか、少ないでしょうか。3,000万円といえば大金ですから、多いような気もします。少し考えてから次の図をみてください。

 

f:id:kimochinabe:20170320234600p:plain

 

実は損害賠償金として算定されるものにはケガをした場合の治療費だけでなく、ケガにより仕事を休んでいる間のもらえるはずだった収入、程度が重ければ、将来の介護費用、精神的苦痛が伴っていれば慰謝料も賠償しなければならないことになっています。さらに死亡した場合はその人が将来健康に働いていればもらえるはずだった収入なども含まれます。

 

そのため、相手(被害者)が高収入の人だったら、それだけ賠償金も高額になるということになります。上図の被害者の方は開業医でまだ年齢も若かったため、これだけの損害額が認定されました。

 

さて、ここでもう一度思い出してください。自賠責保険の死亡保険金は3,000万円です。これは多いでしょうか、少ないでしょうか。答えはもうわかりますね。正解は少ない、です。そうなると、万が一このような高額賠償を支払うことになったときは、とてもじゃありませんが自賠責保険だけでは賄えなくなります。

 

さらに自賠責保険はあくまでも相手の身体に対する補償だけで、相手のモノや、自分自身、同乗者の身体などは補償されません。例えば相手をケガさせただけでなく、車も壊してしまった。さらに運転していた自分自身もケガをしてしまった。このような場合の補償はまったく受けることができない、ということになります。

 

では、ここまでの記事のポイントをまとめます。

 

★ポイント★

自動車事故を起こした際に被る損害賠償責任は、加害者の治療費だけではありません。加害者が将来にわたってもらえたであろう収入、慰謝料などを合わせると大変な高額になります。自賠責保険は加害者が負担した損害賠償の額を補償してくれるものですが、損害額は自賠責保険の限度額を上回ってしまうことがほとんどです。また、補償の対象となるのは相手の身体だけで、相手のモノや自分自身のケガなどは補償されません。

広告を非表示にする